コアコンピタンスというのを聞いたことがありますか?

core+compet
と意味もなんとなく予測できるかもしれませんが、簡単に言えば

「コアコンピタンス」とは
一言で『自社の核となる技術や特色』

です。つまり、あなたの会社があなたの会社が一番得意とする部分、
会社の根幹を担っている技術や魅力

を指します。

また、このコアコンピタンスは世の中一般で言われているポジショニングを使った「競争戦略」とは全く違った考え方から出てきたものです。

この記事では、
コアコンピタンスが出てきた流れこれまでの競争戦略について
わかりやすく解説します。

また下記に当てはまる方はぜひ読んでいただければと思います。

  • 自社の方針または戦略について悩んでいる方
  • 価値創造を行っていきたい方
  • マーケティング初心者だが勉強熱心な方
  • 独立することを念頭に入れている方

それでは、どうぞご覧ください。

ポン太

「ポジショニング」じゃない競争戦略?聞いたことないポン…!楽しみだポーン!

コアコンピタンスってどんなもの?

上の説明ではざっくりし過ぎて、
まだまだ理解できない部分が多いと思います。

それでは、会社の根幹を担う「コアコンピタンス」の
3つの要件をお伝えします。

コアコンピタンスを満たすための3つの条件

コアコンピタンスは、売り上げや利益を生み出す源。

会社において『コア』となる「コアコンピタンス」は
次の3つの条件をなるべく満たす必要があります。

1、顧客に何らかの利益をもたらす自社能力

Check!!

☑︎自社だけが儲かっている構造にしていないか?
☑︎購入してくれたサービスまたは商品にロイヤリティがあるか?
☑︎商品提供までの流れに不備はないか?

2、競合相手に真似されにくい自社能力

Check!!

☑︎何年何十年と掛けて研究してきたものでも、商品を買った際に、簡単に真似できてしまうのか?
☑︎サービスや商品内容に独自価値が入っているか?
☑︎自分にしか出来ない価値なのか?

3、複数の商品・市場に推進できる自社能力

Check!!

☑︎現在保有している技術やライセンスは他の分野でも応用可能か?
☑︎技術またはライセンスは真似されないと断言できるか?
☑︎他の場所でも活用できるだけの潜在的価値を持っているか?

いかがでしたか?

あなたの会社の様々な能力の中で
どれが今挙げた条件を満たすコアコンピタンスに当たるでしょうか?

以上、会社のコアコンピタンスはイメージ出来ましたか??

自社のコアコンピタンスを見極める方法とは?

コアコンピタンスは、多くの場合
下記の要素も必ずと言って良いほど持っています。

その要素は下記の6つです。

  • 『適性』
  • 『能力』
  • 『技量』
  • 『力量』
  • 『特質』
  • 『特色』

これら6つを考慮し、何が自社のコアコンピタンスとして最適なのか
しっかりと頭の中でイメージして見つけていきましょう

Step1:自社の強みをとりあえずズバババー!と書きましょう

とはいえ、なかなかすぐに「これだ!」とはわからないのがコアコンピタンスです。

だからこそ、ダメだと思いながら重複しながらでも、
最初の「3つの前提」と上記の「6つの要素」をヒントに、自社の強みをガンガン挙げていきましょう!

ここで挙げてもらうのは、大きく分けて二つに分けられます。

  • 自社内部で保有している既存の強み
    もしくは、
  • 経営資源から実現可能な技術や能力

この二つのセグメントで自社の強みをとにかく列挙しましょう
列挙する中で特に強いか弱いかは特に気にしないでくださいね。

とにかく、ここでは書いてもらうことが重要になります。
どんどん書いて次に行きましょう!

Step2:コアとしてのレベルをチェック!

それでは、挙がってきた強みを精査していきましょう。

ここでは、最初にお伝えした、3つの条件をもとに、
どのぐらいコアになりうるのか可能性をチェックしていきます。

【採点基準】

1、顧客に何らかの利益をもたらす自社能力
2、競合相手に真似されにくい自社能力
3、複数の商品・市場に推進できる自社能力

この3つの条件と照らし合わせ、
全てを満たすものは満点の3点として、考えてみましょう。

もし、不確定要素があるのであればその部分は0.5点としましょう。

これで、点数をつけられたものを一覧にして、
どれが一番点数が高いのかを見ていきましょう。

3点があればいいですが、無ければ2点や2.5点も見ていきましょう。

実用に向けてコアコンピタンスを明確に

コアコンピタンスが判明したら次は、
そのコアコンピタンスをさらに発展させるための、成長要因になるのは何なのかを明確にしていきます。

コアコンピタンスは、常に成長させていくものになります。
しっかりと成長させ、企業としての価値も高められるように、ここで詰めておきましょう。

  • コアコンピタンスのターゲットとする「顧客またはセグメント」は?
  • コアコンピタンスが「与える価値」は何か?
  • コアコンピタンスの測る「指標」の選定
  • コアコンピタンスの「現在のレベル」「目標とする値」
  • コアコンピタンスを「成長させるには何が必要」か?

これらを考えることで、ブレない軸を持った
コアコンピタンスを作ることが出来ます。

ここまで読めば、コアコンピタンスが
どんなものなのか理解していただけたと思います。

しかし、コアコンピタンスを決めていくというのは
列挙したり選別したりそのために調査をしたり…と結構大変ですよね。

でも、ここでやっておくべき理由がしっかりとあるんです。
それを最後に書いたので、ぜひご覧になっていただければと思います。

競争戦略のこれまでの流れとこれからの大な流れについて

これまでの競争戦略については、すでにご存知
ポジショニングを変えることによって競争を“避ける”というのが一般的でした。

こんなアプローチを覚えてますか?
「縦軸と横軸をとって、差別化をしたアプローチを行いましょう!」

見覚えありますよね?このようなやり方が
一昔前のマーケティングでは一般的かつ主流だったと思います。

もちろん、実際にまだこの戦略を使っている場所もあります。

しかしながら、誰もが絶賛した差別化による競争戦略
これには大きな欠点がありました。

これを言い出したのは、あの有名なお方
「マイケル・ポーター」です。
マーケティングを勉強している方であれば、知らない人はいないのでは?

もちろんおなじみのこの本はすでに読んでますよね?


この本の中で出てくる、「差別化集中戦略」はものすごい発見でしたし
いまだにこの理論は有効活用することが出来ると思いますが、、、

「けど、これって結果論じゃないのか?」

というのが、実際のところ。

また、差別化ポジショニングで優位性を取れているのかというと、
その多くが出来ていないという事実。

うまくいった会社は、本当に、初めから狙って他社にはない商品を作ったり、
他社にはないポジションを見つけ出して戦略をとっているのでしょうか?

違いますよね?

それは、少数派であって
大多数は、「色々やったり色々考えていて気付いたらなっていた」というのが、実際のところなのではないでしょうか。

企業的な視点から考えても
ポジションから考えるのは、企業の良い面を潰しかねず
リスクが多々あるのです。

「じゃあどうすればいいのか?」

ポジショニング・ビューとリソースベースド・ビューについて

ポジショニング・ビューについて

まずポジショニングについては、
合理的かつとても緻密に分析出来る代わりに、、、

これから打ち立てていく戦略を立てるには、
非常に厄介でそれぞれ成功要因を作る必要がある為、
多くの企業にとってとても不便で融通の利かないものが出来上がるわけです。

こうようにポジショニングから優位性を見つけ出す方法を「ポジショニング・ビュー」と言いますが、

一つ疑問が残りますよね?

「戦略はポジションングじゃなく何をすればいいのか?」

それに答えるのが、、、

全く違った観点のリソースベースト・ビュー

ポジショニング・ビューよりも前にやることがあるんじゃないか?
という事で、ゲイリー・ハメル氏とC・K・プラハラード氏が、
新たな時代を切り開いていく斬新なマネジメントスタイルとして

コア・コンピタンスというビジネス用語を独自に生み出し、

『顧客に対して、他社には提供できないような利益もたらすことのできる、企業内部に秘められた独自のスキルや技術の集合体』

と定義しました。

これがコアコンピタンスで言われている
「リソースベースト・ビュー」という考え方になります。

もっと簡単にすると「自己の経営資源による競争優位性」といった表現になります。

ポジショニング・ビューとリソースベースト・ビューまとめ

ここまでをまとめておくと、

  • ポジショニング・ビューは、周りを見て決める競争優位性
  • リソースベースド・ビューは、自社の強みで戦略を作る競争優位性

でした。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

これまでの中で知らない単語もたくさん出てきたと思いますが
その辺りはしっかりとリンクもつけておくので、
知らない単語がないようにしておいてくださいね。

マーケティングにおいて、コアコンピタンスは
ブランディングにもつながる概念であることは間違いありません。

コアコンピタンスはビジネスの根幹を担っている考え方なので
しっかりとマスターしておきましょうね。