この記事では、ケイパビリティについて
なるべく簡単に要約してご説明していきます。

この単語を調べているということは
ある程度マーケティングの深い部分まで気になっている方 だと思います。

なかなかケイパビリティまで調べることなんてないですからねw
この記事を作るにあたって他の記事も参考にさせていただいているのですが、何と言っても、、、、

『長くて長くて、、、わかりづらい!』

なので、この記事ではしっかりと短く簡潔にご説明していこうと思います。

5分だけお時間をください。

この制限時間内にわかりやく、丁寧にお伝えできればと思います。

※この記事はゆっくり読んで5分程度かかります。
※早く読める人で3分程で読み終わります。

ケイパビリティのそのものを知っていただくにあたって
まずは、概念と考え方からお伝えしていこうと思います。

それでは、どうぞ

ケイパビリティの概念と考え方

ケイパビリティ(英語:capability)を、
日本語訳すると、才能・能力となります。

ビジネス上での使い方もこれらに近い解釈になりますが
一点だけ違うとしたら『個人ではなく組織として使う』ことになります。

では、ビジネスで使うとどうなるのか?

ケイパビリティの概念について

ビジネスとしてケイパビリティを表現すると
『企業や組織がもつ、全体的な組織的能力または、組織が得意とする組織的能力のこと』になります。

このときの得意とする能力は、
もちろん他社と比べた時に優位に立てる能力になります。

ケイパビリティとしての考え方とは?

そもそも、ケイパビリティという考え方は
企業成長の原動力とするための組織的な強みのことで、

経営戦略を考案するためには、
必ずと言っていいほど把握しておかなければなりません。

時には、ケイパビリティを残しつつ
組織を改編しなければいけない状況も出てくると思います。

その時にこのケイパビリティを知らなければ
改編と同時に自社の強みを失ってしまうかもしれません。

そのためにも、ケイパビリティという考えかたを
頭の中に入れておきたいですよね。

コアコンピタンスとケイパビリティについて

ケイパビリティを調べている時に、「コアコンピタンス」という単語に当たった人もいるのではないでしょうか。

ケイパビリティが「単なる組織の強み」を示すとしたら
その中で更に、コアコンピタンスとして選ぶためには、3つの条件があります。

  • 顧客に何らかの利益をもたらす自社能力
  • 競合相手に真似されにくい自社能力
  • 複数の商品・市場に推進できる自社能力

この3つの基準を満たす必要があり、
単に「出来る」というだけではないのが、「コアコンピタンス」になります。

↓コアコンピタンスの記事はこちら↓

https://marketing-con.com/4463

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ケイパビリティとコアコンピタンスでは、
会社の強みといった

  • ただ単に「できる」こと全ての能力(ケイパビリティ)なのか?
  • ケイパビリティの中でも、上の3つの条件に当てはまるような、顧客にメリットがあり応用可能で、競合と比較しても圧倒的な能力(コアコンピタンス)なのか?

で、大きな違いがありましたよね。

ケイパビリティ>>>コアコンピタンスで
コアコンピタンスはケイパビリティに内包される
といった構造になります。

つまり、コアコンピタンスを見極めるためにも
ケイパビリティの選出は避けて通れない工程になります。

磐石な基盤を築きたいのであれば、
ケイパビリティの抽出とコアコンピタンスの選定を行いましょう。

それでは次の記事でまた会いましょう。^^