ブランドイメージ、独自の価値がお客様に伝わるようにするために、最も重要なポイントは「人」そして、「教育の仕組み」にあります。

ブランドの価値が伝わるようにするための「行動指針」を作り、実践と改善をサポートします。

言葉だけでなく「体感で伝える」ための行動指針

ブランドの価値を言語化しても、それを伝える「人」から受け取る情報を「そのブランドのイメージ」として、お客様は体感し、ダイレクトに受け取ります。

綺麗事を言っても、何と書いても、最終的には「人」を介してブランドは伝わっていきます。

日々の業務、そして仕事上直面する様々な出来事に対して、スタッフがどのように対応するかに「ブランドの価値」は表れます。だからこそ、概念を言語化するだけではなく、細かい「行動指針」を作って、共有するのです。

スタッフ全員にブランド行動を浸透させるチーム作り

一人で行動するよりも、皆で軸を合わせ、認識を合わせてお互いに成長をサポートする体制は重要です。

もちろん業務内容でのチーム作りも良いですが、私たちは独自の性格診断の元にチームを作る方法もお伝えしています。

性格傾向を把握した上で、どのように考えたら良いかを皆で考える体制を作り、それぞれに主体性を持ちながらも、全員でブランドの価値を伝える形を、行動・改善の繰り返しで整えていきます。