BRAND CANVAS

社長ブランディング、Webマーケティングで「ワンランク上」の会社へ

メニュー

ブランディングとは

弊社のブランディングの特徴は、

  • 社長の想いを大切にすること
  • 「人」の力でブランディングをすすめること
  • ブランドの世界観を可視化するため、映像などの制作まで一貫して行うこと

の3つです。

根底にある考え方、方法は以下をご覧ください。

ブランディングとは、作る人と、見る人触れる人皆に、「商品や会社に対し、同じイメージを想起」してもらうための活動の全て を意味します。

ブランドの礎になるのは、『誰が』『何を』『何のために』です。

社長の想いから「ブランド」が生まれる

私たちのブランディングでは、「社長の想い」をとても重視します。

なぜなら、会社・社員の方々にもっと輝いてもらうために、社長の想いが、お客様、世間に伝わることでブランドになるからです。

ブランディングとは、世界観の共有です。

社長の想いと社会の思いが重なる時、他のどの会社とも比べられない「唯一無二のストーリー=ブランド」が生まれます。

“人”こそがブランド力の礎

弊社のブランディングの特徴の一つは、「人」に焦点を当てることです。

理由は、ブランドを伝える際、お客様の元に届く過程で必ず介在する「人」の行動、意識を変えることで、ブランド力を上げることができるからです。

弊社では、ブランドとしての独自の価値をしっかりと視覚化、言語化することはもちろんですが、それだけでなく、ブランドビジョンの構築から含め、スタッフの方々とご一緒にすすめる形を取ることで、一人一人の意識を変えてもらうことも大切にしています。

弊社スタッフがファシリテートし、ブランディングの専門的な知識をご提供するのはもちろんですが、「改めて考える」過程で経営意識、スタッフの意識を変えて頂くことも、ブランディングの大きな目的の一つです。
(詳しくは、STEP2「ブランド・ドリブン」のステップに関する「人」にフォーカスしたブランディングの肝「行動指針の策定」ページをご覧ください。)

映像で”視覚化”。『伝わる』『魅せる』から広がる

BRAND CANVASは、商品や会社の魅力・コンセプト・世界観を「伝わる」「魅せる」映像で可視化します。
映像は、文字だけに比べて2倍記憶に残るといわれます。
映像によって視覚化されたブランド、会社、製品のイメージは、人から人へと伝えていくのに最適なツールになります。

お客様に選ばれる理由”オンリーワンの価値”を、言葉で伝えるだけでなく、視覚・聴覚で感じてもらうことができます。

ブランディングの3ステップ

弊社のブランディングは大きく3つのステップに分かれます。お客様に選ばれる商品・会社の
”オンリーワンの価値”を築き、それを広げることを目指します。

ブランドの軸、イメージ、ビジョンの構築。独自の価値の発見(ここに、「社長ブランディング」が含まれます)。
 
スタッフ「人」への浸透策として、ブランドを主軸にした行動指針を作り、行動変革を起こす。
 
制作・マーケティング戦略も含む、お客様、その先のお客様へ届けるためのデザインを行います。確立したブランドのイメージで、お客様を巻き込み広げていきます。
 
この3つのステップ全てが、ブランディングの要素です。
それぞれのフェーズに、弊社独自の細かいノウハウを多数組み込んでいます。

ブランディングで目指すこと

ブランディングで目指すのは、「選んで欲しいお客様に、自社が選ばれる(高くても選ばれる)状態」です。
 
STEP1ブランド・ビルディングのブランドイメージの確定、ブランドビジョン構築、独自の価値発見の具体的な流れは、 ブランド構築の6ステップをご覧ください。
 
STEP2ブランド・ドリブンは上に書いた”人”の行動変えていくための活動です。行動指針を作って、スタッフ一人一人の意識と行動、習慣を変えるためのPDCA を回す、このステップの基本的な考え方については、「ブランドの価値を正しく伝える行動指針とは?」のページをご覧ください。
 
STEP3ブランド・ムーヴメントは、STEP1で見出したブランドビジョン、ブランドの独自の価値を広げていく活動です。
映像、制作物、マーケティング戦略によるお客様、お客様の先のお客様への浸透については、「ブランド、人、物の力でさらに人、お客様を巻き込んでいくには?」のページをご覧ください。